主婦が間取りを決める際、取り入れたい10のこと

間取り要望書

こんにちは。なつお(@uruhouse)です。

 

マイホームを建てることが決まり、土地も決まった。さぁ次は間取りを決めなくちゃいけない。でもどんな間取りが良いんだろう…?

 

間取り決め悩みますよね〜。私もかなり悩みました。どんな間取りが良いのかも分からず、最初はネットで検索しまくりました。

そしたら要望書を書いてる方が結構多かったんですよね。なのでわたしも早速、主婦目線で書き出してみました。

 

①玄関土間収納

なんせ夫婦そろって靴が多いのです。

それにベビーカーや自転車など置けるスペースが欲しかった。

 

②玄関あがったらすぐ行ける和室(客間)

たいていリビングが一番散らかってませんか?急に誰かが来たら困ります。

そんなとき、リビング通らず玄関からすぐ行ける和室が欲しかったのです。将来、子供の家庭訪問時に使おうと企んでます。

 

③独立した部屋干しスペース

今住んでる家もずっと部屋干しです。外には干していません。なぜかって?田舎の山奥なので、常時虫がたくさん付いちゃうからです。私虫が超嫌いなんです〜!秋頃は最悪です。カメムシのオンパレードですから。

今度住む場所はよく雪が積もる場所なんで、やっぱり部屋干しスペースがかかせません。

それから洗面所と兼用も考えたんですが、これはやめました。洗面所使いたいとき、洗濯物干してると邪魔で仕方がないと思ったからです。なので、和室の南側に作ることに決めました。

 

④1階にファミリークローゼット

1階で《洗濯→干す→しまう》全部完結したかったんですよね!

毎日の階段の昇り降りはきついのでっ!

 

⑤パントリー

これも絶対欲しかったうちの一つです。今は、キッチン台下の棚に常温食材入れてあるので、腰をかがめて出し入れするのもきついし、衛生的にもなんかちょっとね…。

 

⑥家事スペース

自分専用のスペース欲しくないですか?

私は、手芸とメイクができるスペースにしたいと思います。いろいろカスタマイズして、プチDIYもしていこうと考え中です!

ちなみに顔洗って横ですぐメイクができるように、洗面所と兼用にしました。

 

⑦コンセント多めに

間取りの参考にネットを見ていると、本当に多くの方が言われているのが、「コンセント多めにつけとけ〜」と。

家具や家電の配置シュミレーションをしっかりやっておくのが良いと思います。

 

⑧ニッチ

おしゃれな家を目指すなら、ニッチをおすすめします。ニッチとはこんな感じのものです。

ニッチ画像

壁に奥まったスペースを作ります。インテリア小物を飾ると、おしゃれです。ほかにも、スイッチを配置している方も多いですね。

 

⑨エコカラット

最初はこんなものがあるなんて全然知りませんでした〜。これは、LIXILが販売しているものです。部屋の湿気を吸い取ってくれる優れものです。

壁に貼り付けていく感じなんですが、タイル調やレンガ調など種類もいろいろあるんですよ。

これをリビングのテレビ背面壁に設置していきたいと思ってます。見た目もおしゃれで一石二鳥です。

詳しくは、LIXILエコカラットまで見にいってください。

 

⑩アーチ壁

やっぱり少しでもおしゃれな家にしたい!アーチ壁を取り入れるだけでも、かわいくおしゃれな感じになりそうな予感がしてます。

リビングと階段の間に作るつもりです。

 

まとめ

以上、10の取り入れたいことを紹介しましたが、参考になればと思います。

間取り考え出すと、まだまだいっぱい要望が出てくるかもしれません。情報収集がんばってくださいね。

以下の記事もよく読まれています。

35坪の間取り決定!あれこれ盛り込んだ間取り図公開します

間取り決めの時に外構のことも考えておく必要がある理由。私はこれで失敗しました…

マイホーム計画始めるなら無料の資料請求サービスが便利!

家を建てたいけどまず何からしたらいい?と悩む方も多いんではないでしょうか?
まずは情報収集から始めていきましょう。

 

・どんな住宅会社があるのか調べたい!
・わが家に合った間取りを作りたい!
・資金計画を立てたい!
・土地情報が欲しい!

ひとつでも当てはまったらタウンライフ家づくりが便利!約600社の注文住宅会社から一括資料請求できます。

 

タウンライフ家づくりで出来ること

  • 間取り作成の依頼ができる
  • 概算見積りや資金計画の提案
  • 土地探しの提案

 

登録は約3分。ネットから無料で簡単に依頼できます。
また大手ハウスメーカー二世帯住宅平屋ZEHリフォームなど特化した依頼もOK!

利用した方はこんな感じで依頼しています。

初めからハウスメーカーや工務店に直行するよりかは
事前に情報収集して準備してから行く方が今後のマイホーム計画の見通しが立ちやすくなりますね^^

またこれらを利用することで各社の違いも見えてくるので業者選びの目安にもなります。
後悔しないためにもしっかり計画していきましょう。

⇒タウンライフ家づくり公式サイトはこちら