お風呂をTOTOかLIXILで迷った結果、採用したのはこっち!

お風呂

こんにちは、なつおです。

今日は、タイトルにもある通り、お風呂決めの話をしたいと思います。

 

我が家が契約したハウスメーカーでは、TOTOLIXILのどちらかを選ぶことができました。

グレードで言うと、TOTOはサザナ、LIXILはアライズです。

 

やっぱり、設備の資料だけ見ていても分からない!ということで、まずはショールームへ行ってきました。

 

TOTO「サザナ」の魅力

TOTOのショールームに着くと、良い感じのお姉さんが対応してくれました。この時点で株が少し上がります(単純w)

 

魔法びん浴槽

これは、お湯の温度が下がりにくい浴槽です。

追い炊きしなくても良いのなら、電気代も節約できるし、良いなぁ。

今後家族が増えて子供も大きくなると、続けて入ることができないことも多いだろうし、そういう時に重宝してきそうだなぁと思います。

長時間の半身浴をするのが楽しみになりました。

 

クレイドル(ゆりかご)浴槽

これは全身を包み込んでくれるような形の浴槽ですね。

浴槽の表面もつるつるしていて入りたくなる浴槽でした。

このタイプは、足を伸ばすことができます。旦那は、絶対足を伸ばせるタイプが良い!譲らない!って必死だったので、全然良いよーと言っておきました。

内心、子供が小さいときは腰掛けの段差があるタイプの浴槽の方が良いんじゃない?と思ったんですが、子供はいづれ巣立ちますしね。

いつも夜遅くまで仕事をがんばってくれている旦那を優先したいと思いますw

 

ほっカラリ床

私が一番魅力に感じたのは、この「ほっカラリ床」でした!

これは歩いてみると分かるんですが、床が柔らかいんです!

これはかなりビックリ。だって浴槽の床って硬いイメージしかないですしw

床がほんのりやわらかいと、転倒しても怪我がしにくそうです。

そして冬は、従来のお風呂場の床より、ひんやりしないみたい。冬になるとヒートショックで倒れる方も多いので、対策にもなりそう。あとは、乾きやすいみたいです。

 

エアインシャワー

これはハウスメーカーでお風呂の最終打ち合わせでの時ですが、オプションだった「エアインシャワー」をサービスしてもらいました!

このエアインシャワーは、通常のシャワーより約35%も節水してくれるというものです。

今度住む地域は、水道代が高い地域なので、なんとしても節水に力を入れなければなりません!見た目もスリムで、使い心地が良さそう!

 

 

LIXIL「アライズ」の魅力

LIXILのショールームは、人がたくさんいて、午前中に行ったのに、案内できるのは午後3時からしか無理だったので、私たちだけで見て回ることになりました。案内役の人がいないとやっぱり細かいところまで見れなかったのが残念でした。

 

くるりんポイ

排水口に溜まった髪の毛などのゴミが捨てやすそうでした。ヌメリもつきにくいみたいでGOODです!

今の家は、排水口に髪の毛が詰まって水が流れにくくなってしまうので、このくるりんポイはすごく魅力的でしたね!

 

その他

ん〜…正直LIXILのお風呂は、くるりんポイだけが魅力的に感じた部分でした。

きっと案内してもらえてたら、少しは変わってたかもしれません。

 

我が家のお風呂はTOTOに決定!

はい、TOTOに決定しました!やはり先に挙げたTOTOの魅力的な部分がLIXILを圧倒しました。

 

中でも、「ほっカラリ床」が一番魅力的に感じました。あの踏んだ時の心地よさ感が忘れられない!

掃除嫌いな私としては、LIXILの「くるりんポイ」も捨てがたかったんですけどね( ;´Д`)

 

そして、浴槽のカラーは、ホワイトに決定。壁の色は1面だけをプラナスブラウンウッドしてあとはホワイトにしました。

床の色はライトグレーにしましたよ。木目調の壁が癒しを運んでくれるんじゃないかと期待していますw

 

まとめ

ほっカラリ床の使い心地がどんなんだろう?と期待高まり中ですw家が完成したら、レポートしたいと思います!

皆さんも決めかねているならまずはショールームに行ってみてくださいね。もしTOTOを選ぶことができるなら、ぜひほっカラリ床体験してみてください。

 

☞【追記】お風呂レビュー記事書きました!

【浴室】TOTOサザナの使い心地。半年経った今リアルな感想。

2016.07.24