素人主婦がタイルデッキDIYに挑戦!②基礎と再生砕石

タイルデッキ 作り方 DIY 基礎 再生砕石

こんにちは、なつお(@uruhouse)です。

 

前回の記事

素人主婦がタイルデッキDIYに挑戦!①計画~基礎編

2016.09.27

から何もしないまま、半月ほど経ってしまいました^^;

 

今回は、前回作ったコンクリートブロック枠の中に再生砕石を入れていきます。

ここは業者さんを使うことで、かなりのコスト削減に成功しました!

 

業者さんを使うと、かなりの出費じゃないの?って思うかもしれません。

でも場合によってはホームセンターで買うより、お金も体力も削減できますっ!

 

 

コンクリートブロック枠の後の工程

 

前回、コンクリートブロックの枠が完成しました。

これからの手順としては、次の画像の通りです。

%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%ad%e5%b1%a4

横からのイメージ図です。タイルデッキの層を表しています。

今回は、真ん中の砕石部分の作業になります。

 

 

砕石をどこで購入したら良い?

一般的に思いつくのが、近くのホームセンターだと思います。

袋入りの砕石や、量り売りをしているところもありますよね。

 

少量だったら、それで良いと思うんです。でもタイルデッキって砕石かなり使います。。。

わが家でも試算してみると、約2トン分の砕石が必要になったんです!(タイルデッキ+α)

1袋18kg入りの砕石だと、2トン=約111袋

冗談じゃありません!!!笑 体潰れちゃいます(´ω`*)

 

 

近所に砕石販売をしている業者さんがいないか探してみる

わが家の場合、偶然にも近くに業者さんがありました。

しかも、再生砕石を販売しているところだったので、普通の砕石より割安です。

再生砕石
建設解体現場で出たコンクリートやアスファルトを砕いてリサイクルした砕石

 

そして、値段を聞いてびっくり!!!

 

1トン=約500円

 

 

(;゚Д゚)

 

即、購入決定しました!

 

 

再生砕石を敷き詰める

業者さんに電話したその日のうちに、運んでもらえることになりました。近所ならではです。本当にありがたいです。

 

タイルデッキ 作り方 DIY 基礎 砂利

庭まで入ってきてもらい、ブロック枠のそばに置いてもらいました。

 

 

タイルデッキ 作り方 DIY 基礎 砂利

砕石を敷く前は、こんな感じでした。庭に転がっていた大きな石を中に掘り込みました。

 

 

タイルデッキ 作り方 DIY 基礎 砂利

おとんと2人で、シャベルを使って敷き詰めていきます。

上部コンクリートを流す部分約5cmほど空けて、均等ならします。

やっぱり体力使いますね~。翌日しっかり筋肉痛になりました^^;

 

タイルデッキ 作り方 DIY 基礎 砂利

この状態で雨にさらして固まらせます。余った砕石は、固まったら少し沈むので高さ調整のために使います。

今回の作業はこれで終了!

 

今回かかった費用

  • 再生砕石 1トン@500円×2トン 1,000円
  • 運搬費 2トントラック 2,000円

合計3,000円でした!

 

一言言わせてください。

「やっすーーーーー!」

ほんまに業者さんを探して良かった!

 

 

まとめ

目が点になるくらいの金額で、今回の作業ができました!きっとホームセンターだと軽く1万円は越えていたことでしょう。

業者さんを使うことで、安上がりに出来ることもあるんだなぁと今回改めて感じました^^

業者さんも良い人だったので、また砕石が必要になった時はお願いしようと思ってます!

良かったら参考にしてみてください。

 

続きの記事はこちら

素人主婦がタイルデッキDIYに挑戦!③コンクリート敷き

2016.10.24