胞状奇胎のその後の体の様子。子宮鏡検査でわかった事実。

こんにちは、なつおです。

胞状奇胎の経過観察が終わってから、約3ヶ月経ちました。

 

その後もクリニックに通ってますが、なかなかですね。

胞状奇胎のあと、ちゃんと妊娠できるんかな?って、ふと気づくと考えちゃってるような毎日です。ちなみに多嚢胞性卵巣の治療もしてます。

 

今回の記事では、胞状奇胎後の体の調子と、子宮鏡検査でわかったことを中心につづります。

※わりと生々しい?ことを書いちゃってるので、大丈夫な方だけ見てくださいね。

 

生理の量がかなり減った

経過観察が終了してからの生理は順調にきてたんですが、量がやや少ないのが気になってたんです。

そしたら、前回の生理で、ほんまに極端に急激に出血量が減りました。

 

これやばいんじゃね…?。。。(゚Д゚;)

 

「うそ?もう生理終わったの…?」そんな感じの生理だったのです。

 

出血量が少ないのは、「内膜が薄い=着床しにくい」って聞いたことがあったから、もう不安で不安で。

 

 

検索してみると、「クロミッドを飲むと、内膜が薄くなる」と…。

 

そうわたしは、クロミッドを飲んでいるので、当てはまります。

これのせいなんかも…。でもとりあえず、先生に診てもらわないと分からないので、クリニック行ってきました。

 

 

急きょ、子宮鏡検査をすることになった

出血量が少なかったことを、先生に言ってみました。

それから、これまた毎回飲んでるルトラールの頭痛がひどいことも…。

 

そしたら、先生が

「今日、時間ある?」

「1年前もこの検査したけど、胞状奇胎のあと、子宮がどうなってるか見たいから、検査してもいいかな?」

 

先生なりに何か気になったらしく、急きょ、子宮鏡検査をすることになったのです。

 

子宮鏡検査って、麻酔かけてやるところもあって急遽検査するってイメージではないですが、ここのクリニックは、ファイバースコープと言ってすごい細い管を使うので、麻酔なしでOK。5分もかからんうちに検査も終わっちゃいました。痛みは少しありました(+_+)

 

 

子宮鏡検査でわかったこと

モニターで、先生と子宮の中を観察。

 

なにやら一瞬、怪しげなところが映りました。

 

わたしの心の声「あっ、これやばいんじゃね…?。。。(+_+)」(2回目)

先生が巻き戻して一時停止させて、そのやばいところを指さしながらわたしに言いました。

 

「子宮が荒れちゃってるねぇ」

 

映像で映し出されたのは、色が濃いくなって炎症が起こっている子宮でした。キレイな状態ではなく、毛羽立っているような感じ。(なんか生々しくてすみません。)

素人のわたしが見ても、こりゃあかんよなって思う状態でした。1年前のキレイに見えた子宮とは全然ちがいました。

 

なんでこんな状態に…?

先生曰く、胞状奇胎のせいみたい。特殊な流産だったからねって…。手術も2回したし、それで子宮疲れちゃってたのかな。

 

 

今後の方針としては、多嚢胞性卵巣の治療をいちど中断。

子宮内膜の状態を、クスリを使ってキレイにしてから、また治療に戻ろうというお話になりました。

 

 

まとめ

今回、子宮の様子を見てけっこうショックでした。

胞状奇胎は経過観察が終わった時点で、自分のなかでは終わったことだと思ってました。(もちろんこの出来事を忘れることはないです)

でも実際は、子宮に爪痕を残していました。

 

今回急な検査だったけど、問題点がわかったことだけでも次に進めるきっかけになったし、良かったなと思うことにします。

正直しょんぼりするけど、マイペースにいくことにします。