間取り決めの時に外構のことも考えておく必要がある理由。私はこれで失敗しました…

外構後悔

注文住宅を建築するにあたり、ネットでいろいろ情報収集するわけですが、【後悔したこと】とか【失敗したこと】などの情報もありますよね。読んでみると、あぁ納得…とタメになることばかりです。

失礼ながら我が家では、そんな後悔や失敗しないように、そのタメになる情報を使わせていただいて、きっと失敗なく良いお家ができるぞ!と思っていました。

ところがドッコイです。一人だけ良い思いをしようとして、バチが当たったのか、我が家でも後悔 ・失敗したことが出てきました。

 

えぇ!カーポートがはみ出てしまう!?

我が家では、間取り→設備→外構の流れで打ち合わせをしていました。どこのハウスメーカーさんもだいたいこのような流れだと思います。

間取り決めの時の話はこちら

35坪の間取り決定!あれこれ盛り込んだ間取り図公開します

2015.10.31

 

間取り決めの時点では、外構はぼんやりしていて詳しいことは決まっていません。間取りに集中しているので、家の外観のイメージ図でこんな感じになるんだろうなと気にも止めていませんでした。

外構の打ち合わせが始まって、自分たちの要望として、オープン外構で、私たち夫婦の車2台を置くところに、カーポートをつけたいとお願いしました。

しかし、なんとカーポートを付けると、敷地からはみ出してしまうことが分かりました。家の位置を少しずらせば、大丈夫かも…でももう工事は着工していまっているので無理です。

絶対カーポートはつけたい!でも限られてた外構のスペースの中で、駐車場の配置を今更変えられないし…。

 

 

で、結局…

カーポートをはみ出る分切断することになりました。

そもそもカーポート切断できるのか?切断したら見た目が汚くなるんじゃないか?外構屋さんは大丈夫と言ってましたがいろいろ不安が出てきます。

間取り決めの時点で、ある程度カーポートのことも考えていれば、切断することは免れていたはず…。ハウスメーカーさんからは、外構の打ち合わせそろそろしましょうか?と言われていたのに、もうちょっと後でで良いです。と言ってしまったことを後悔してます。素直に、「はい。」と言っていれば、まだ着工はしてなかったから、家の位置も変更できたはず。もう後悔しても遅いですが(泣)

 

おわりに

まさかカーポートがはみ出てしまう…本当に盲点でした。

カーポートは駐車スペースを囲ってしまうくらいの大きさがあるので、思っているよりスペースが必要です。

これから家を建てられる方は、間取り決めの時に、外構のことも確認しておいた方が良いと思います。カーポートをつけたい方だったらなおさらです。手書きでも良いので外構を含めた家全体のイメージ図をハウスメーカーに伝えておくことが大事だと思います。

我が家みたいに失敗・後悔をされぬよう、この話を共有したいと思います。

以下の関連記事も良かったら参考にしてみてください。

注文住宅を建てて後悔したところ。その①「玄関からリビングが丸見え」

注文住宅を建てて後悔したところ。その②「キッチン照明の色を電球色にした結果…。」