【感想】映画「君の名は。」を見てきたよ。ちょっとだけあれ?って思ったこと。

君の名は。 映画 新海誠 アニメ

※ネタバレありです

 

話題に乗っかって、映画「君の名は。」見てきました。

昔youtubeで新海誠監督のアニメ動画を見て、「なんてキラキラまぶしい幻想的な絵を描く人なんだ」って思ったのを覚えています。風景画の色使いが本当に好き。

それから「星を追う子ども」「言の葉の庭」を見て、今回の「君の名は」です。彗星の絵が本当に綺麗だった。

 

 

ストーリーに惹かれる

現実にはありえないストーリー。でももしかしたら本当にそんなことあるのかな…。

現実世界とあの世が交差する…、運命が変わる…そんな際な物語に魅力を感じます。新海誠監督の作品は、そういうストーリーが好きな私にとってどんぴしゃです。

 

今回の「君の名。」では、瀧くんと三葉が入れ替わった物語。

時間軸がポイントになっていて、ちゃんと理解するのに時間かかりました。うまく解説してくれているネタバレサイトを見て、あぁなるほどって思った次第です。

 

 

RADWIMPS「前前前世」

もういろんなところで流れてましたよね。気付くと頭の中でも流れてる。それを踏まえての、映画館での「前前前世」。

鳥肌がたったし、胸いっぱいになりました。

しかもよくあるエンディングで流れるんじゃなくて、中盤であのタイミングであっての「前前前世」。歌詞も一段と理解できたし、本当に良かったです。

全体を通して、音楽に違和感がなかった。サントラ盤もすでに発売されていますね。これは思い出しながら聴きたいな。

 

 

ちょっとだけあれ?って思ったこと

物語の後半。三葉たちの死(彗星落下の被害)を回避するために、変電所を停電して爆破させますよね。その出来事が結果的に避難訓練として住民が助かったということになっていて、「?」となりました。

三葉の町長の父に対する説得が成功して、こういう流れになったのかなと思ったんですが…それにしてはその場面がスル―されすぎて残念だった。親子の結びの大事な部分じゃなかったのかなぁ。

と思ってたら、やっぱり同じような疑問を持つ人がけっこういるみたいですね。なんでも小説にはその部分の描写が描かれているとのこと。

 

 

まとめ

いろいろ賛否両論あるみたいですが、わたしはこういう映画好きです。何回も鳥肌立ちました。

見終わった後は、なんて言うんだろう。満天の星空を見ている時のような気持ちになりました。

今後テレビで放映されるなら、録画して繰り返しみたいアニメのひとつです。